憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている

ニュース

日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

日本の食材が安全と思っているのは日本人だけで、日本の野菜は海外では「汚染物」扱いされています。問題は、化学肥料と農薬の使い過ぎにあります。

化学肥料の問題点は、硝酸態窒素が野菜の中に多量残留してしまうことと、大気中に放出される亜酸化窒素ガスにあります。

硝酸態窒素は体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、最悪の場合死に至ってしまいます。

アメリカでは、ブルーベビー症候群で赤ちゃんが急死するというような事件も起きました。

EUの基準値では硝酸態窒素が3000ppmを越えるものは汚染野菜とされますが、日本では農水省が不問にしているから野放しです。

硝酸濃度基準値

出典 http://livedoor.blogimg.jp

スーパーに売られているチンゲン菜で16,000ppm、お米で最低でも12,000ppmというような例がありました。

亜酸化窒素ガスは、地球温暖化の原因の一つといわれる二酸化炭素の310倍の温室効果があります。

硝酸態窒素汚染された浄水場

出典 http://tabemono.info

また、単位面積当たりの農薬の使用量は、アメリカの5倍もあり、残留農薬によるめまいや吐き気、皮膚のかぶれや発熱などの健康被害が懸念されます。

ヨーロッパから日本に渡航する人の為に、向こうでは

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」

という注意事項が配られるそうです。

2020年東京五輪がありますが、日本の野菜は汚染されているから、東京五輪の選手団用に自国の安全な野菜を持ち込みも検討されています。

日本の野菜や果物が海外では「汚染物」扱いとは大ショックです。

健康の為には、お魚やお肉よりも野菜・果物・穀物を沢山とるようした方が良いからです。

「奇跡のリンゴ」を作った男・木村秋則氏と、「ローマ法王に米を食べさせた男」・高野誠鮮氏の二人が、往復書簡のやりとりで日本の農業の未来を語り尽くした刺激的対論集『日本農業再生論』が発売され、話題となっています。

その一部が『日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている』http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668 に紹介されていました。

余りにもショックだったので、ポイントをピックアップ引用しご紹介いたします。

【目次】
1. 野菜の硝酸態窒素の問題
2. 農薬使用量は、アメリカの5倍
3. 地球温暖化の新たな原因、亜酸化窒素ガス
4. 東京五輪で選手団用に自国の安全な野菜を持ち込もうか
5. 化学肥料は「邪悪の根源」
6. 世界に誇れる農産物を!
7. 木村秋則氏の自然栽培に関する情報
8. Oisix(おいしっくす)で美味しさと安全・安心、便利を試してみませんか?

1. 野菜の硝酸態窒素の問題

硝酸態窒素

出典 http://www.kfg.co.jp

硝酸態窒素は多くの病気の根源とも言われている怖ろしいものです。

● ブルーベビー症候群

1,956年のアメリカで、赤ちゃんに裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、その赤ちゃんが口からカニのように泡を吹き、顔が紫色になったかと思うと30分もしないうちに死亡に至った事件です。

計278人の赤ちゃんがこの中毒にかかり、その内39名が死亡した大惨事です。WHOによれば、第二次世界大戦後から1,986年までに約2,000件の中毒事故があり、160人の乳幼児が死亡しています。

日本では、1,996年 生後21日の乳児が重度の窒息状態(ブルーベビー)になった例が報告されています。

この乳児には、自宅で井戸水を煮沸し て粉ミルクを溶かして飲ませていました。ミルクを溶かすのに用いた井戸水に、水道法の基準値を上回る高い濃度の硝酸性窒素が含まれていたため、硝酸性窒素は不揮発性であり煮沸によって濃縮されてしまったのでした。

● 赤ちゃんにメトヘモグロビン血症が起こりやすいのは何故?

硝酸態窒素を大量に摂取すると、体内で腸内細菌により亜硝酸態窒素に還元され、これが体内に吸収されて血液中のヘモグロビンを酸化してメトヘモグロビンを生成してメトヘモグロビン血症などの酸素欠乏症を引き起こす恐れが高いのです。

赤ちゃんは体重当りの水分摂取量が大人の約3倍と多く、また、メトヘモグロビンをヘモグロビンに還元する酵素が殆どありません。出産後まもない乳児のヘモグロビンは胎児性ヘモグロビンと呼ばれていますが、約80%と多く占めているので成人のヘモグロビンに比べ、非常に酸化されやすく、メトヘモグロビンになりやすいのです。

酸素を運ばないメトヘモグロビンになることから、窒息症状のチアノーゼを引き起こしてしまうのです。

● EUの基準値では3000ppmを越えるものは汚染野菜

ところが日本にはその基準がなく野放し。農林水産省が不問に付しているからです。

野菜に含まれている硝酸態窒素の測定例

出典 http://livedoor.blogimg.jp

スーパーで売られているチンゲンサイを調べたら硝酸態窒素、いくらあったと思いますか? 1万6000ppmですよ! 米はどうか? 最低でも1万2000ppm。高いほうは……とんでもない数値でした。ここには書けません。皆さん、パニックになってしまうから。

それに比べて自然栽培農家の作ったコマツナは、わずか3・4ppmでした。

出典 http://gendai.ismedia.jp

2. 農薬使用量は、アメリカの5倍

主要国農薬使用量

出典 http://techno-impex.co.jp

農薬の使用量の多さも問題です。平成22(2010)年のデータによると上から中国、韓国、日本、オランダ、イタリア、ドイツ、フランス、米国の順で、単位面積あたりの農薬使用量は、アメリカの5倍もあります。

● めまいや吐き気、皮膚のかぶれや発熱が…

農薬による健康被害

出典 http://www.mizuho-ir.co.jp

残留農薬がある作物を食べてもすぐに影響が出る訳ではありません。しかし、毎日食べ続けていると、体の中へ蓄積し続け“農薬中毒症状”を引き起こしてしまいます。

農薬中毒症状は、めまいや目の充血・痛み、皮膚のかぶれ、のどの渇き、吐き気、嘔吐、だるさ、発熱などが挙げられますが、精神面への影響も無視できません。倦怠感、うつ、焦燥、不安感など、精神的な負担も大きくなります。

日本の食材は世界から見ると信頼度は非常に低く、下の下、問題外。もう日本人だけなのです。日本の食材が安全だと思っているのは。

● ヨーロッパから日本へ渡航する際の注意事項

「日本へ旅行する皆さんへ。日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」

3. 地球温暖化の新たな原因、亜酸化窒素ガス

● 亜酸化窒素ガスは二酸化炭素の310倍の温室効果

亜酸化窒素ガスの地球温暖化に対する影響

出典 http://www.env.go.jp

平成21(2009)年、アメリカ海洋大気庁(NOAA)が、地球温暖化の新たな原因について発表しました。

NOAAが原因として指摘したのは、農薬や化学肥料、家畜の排せつ物などに含まれる亜酸化窒素ガスです。このガスの増加によって、オゾン層の破壊が進み、地球温暖化に拍車をかけているため、早急に排出削減に向けて、これらを使わない栽培を研究開発することが急務であるとホームページに掲載されたのです。

亜酸化窒素ガスは地球温暖化の原因の一つといわれる二酸化炭素の310倍の温室効果があるという驚きの報告もありました。

出典 http://gendai.ismedia.jp

地球温暖化への温室効果ガス寄与度

出典 http://www.env.go.jp

4. 東京五輪で選手団用に自国の安全な野菜を持ち込もうか

● 日本の野菜や果物は危険過ぎる

「2020年は東京でオリンピックが開催されますね。けれど選手団のために自国の野菜を持って行ったほうがいいのではないかと、皆で話し合っているんです」

硝酸態窒素や農薬まみれの日本の野菜や果物は危険すぎる。東京オリンピック・パラリンピックでは国の代表である選手団の口には入れさせたくない……。

出典 http://gendai.ismedia.jp

5. 化学肥料は「邪悪の根源」

● 地球温暖化の最大の原因は化学肥料に含まれる亜酸化窒素ガス

地球温暖化は大気中に大量に排出された二酸化炭素やメタンガス、フロンガスなどにより太陽からの熱の吸収が増えた結果、気温が上昇することです。その最大の原因が化学肥料に含まれる亜酸化窒素ガスだと。

化学肥料を畑に10㎏まいたとしても農作物が吸収するのはわずか1~1.5㎏。あとは雑草や土が2~3㎏吸収し、残りの5.5~7㎏は、気化して亜酸化窒素になり大気中に拡散します。これが温暖化のいちばんの原因らしいのです。つまり温暖化のおもな原因を作ったのが農業であるということです。

出典 http://gendai.ismedia.jp

● 日本は農薬大国、化学肥料大国

木村さんがおっしゃるように日本は世界でも農薬を多量に使っている国のひとつです。そして化学肥料も単位面積あたりの使用量は傑出して多い。日本は農薬大国、化学肥料大国なんです。

化学肥料を使えば使うほど温暖化は進んでいく。その先頭に立って地球を汚している国の一つが日本なんです。これは日本人としてとても恥ずかしいことです。少しでもそれを止めるには化学肥料や農薬をいっさい使わない自然栽培を広めるしかない。これが新しい使命だと確信したんですね。

出典 http://gendai.ismedia.jp

6. 世界に誇れる農産物を!

● 平成22(2010)年から羽咋市の自然栽培の取り組みが始まる

木村秋則の奇跡のリンゴを実らせた自然栽培

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

「なんでも教えます。私、特許取ってないから」

木村さんも地球がどれだけダメージを受けているかを痛いほどわかっていた。そして環境汚染から地球を救うために、残された時間はもうあまりないということも。

翌年の平成22(2010)年から羽咋市の自然栽培の取り組みが始まりました。JA(農業協同組合)にも協力してもらい、日本で初めて行政とJAが組んで自然栽培の普及活動を行ったのです。

しかもそのとき木村さんは、自然栽培のノウハウをすべて教えると言ってくれたのです。

こういうときは、ふつうの人なら小出しにしか教えません。しかも「秘伝中の秘伝なので一族のものにしか教えない」などと勿体つけて、莫大なギャランティーを要求したりする。けれど木村さんは唐突な私の申し出に、ぽんと響くように応えてくれた。

出典 http://gendai.ismedia.jp

● アベノミクスの「三本の矢」の一つが農業だけど、大半は汚染野菜で輸出できない

アベノミクスの「三本の矢」の一つ、成長戦略のなかに農業が位置づけられているわけですが、まさに東京オリンピックが開催される2020年までに農林水産物の輸出倍増をうたい、1兆円規模に拡大すると言っています。

けれど硝酸態窒素の例を見ても明らかなように、現状では日本の農産物は「汚染野菜」とされて海外に輸出できないものがとても多いのです。

出典 http://gendai.ismedia.jp

● 自然栽培で作られたものは輸出可能

1950年代に工場の廃液により水俣病と呼ばれる公害病が起きた熊本県の水俣で、松本和也君という若い農家が、「日本でいちばん汚されたところから、世界でいちばんきれいなものを作っていこう」と、12年前から3.6haの茶畑のうち半分以上の面積を自然栽培で、残りを無農薬・無化学肥料栽培でお茶を作っています。

彼の作る緑茶とほうじ茶は硝酸態窒素や残留農薬に厳しいドイツへ輸出されて、そこからEU圏内に渡っています。また、紅茶と釜炒り茶はイギリスに輸出されてロンドンの人たちに愛飲されています。体に害を与えるものが検出されないから、ほとんどフリーパスで楽々と検査を通るんですよ。

自然栽培の食材はメイド・イン・ジャパンとして世界に誇れるもの、広めていけるものなんです。

出典 http://gendai.ismedia.jp

7. 木村秋則氏の自然栽培に関する情報

木村秋則さん 自然栽培

出典 http://organicnetwork.jp

① 木村興農社【木村秋則オフィシャルホームページ】

青森県弘前でリンゴの無農薬栽培をしている木村秋則のホームページです。

② HOKKAIDO木村秋則自然栽培農学校

北海道仁木町で木村秋則校長のもとで学ぶ自然栽培農学校です。

③ 木村秋則の自然栽培を受け継ぐもの-北海道の会

木村秋則の自然栽培を受け継ぐもの/北海道の会のホームページです。あの、不可能と言われていた「奇跡の林檎」を栽培した木村さんの自然栽培を北海道の農産物で行っています。

④ 木村秋則-Akinori Kimura-|自然栽培実践塾@はくい

大ベストセラー「奇跡のりんご」著者である木村秋則氏を塾長に迎えた「木村秋則自然栽培実践塾」のサイトです。石川県能登半島にある、羽咋市と宝達志水町で行われています。

⑤ NPO法人 木村秋則自然栽培に学ぶ会

からだに美味しいは、地球に優しい。木村さんの自然栽培のお米や農作物を味わい、広める仲間たちの集まりです。

⑥ NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会

「奇跡のリンゴ」でお馴染み、木村秋則さんの提唱する 『自然栽培』 を通じ、農家や消費者、協力団体と共に地球と植物と人にやさしい「農」と「食」のあり方を、みんなで一緒に考え、活動しているNPOです。

8. Oisix(おいしっくす)で美味しさと安全・安心、便利を確保しませんか?

Oisixはかんたんにステキでおいしい食卓ができる定期宅配(ナチュラル&オーガニック・ネットスーパー)です。

「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる食品」という理念を体現すること志しており、Oisix(おいしっくす)独自の安全基準とそれを実現させるための仕組みが大変しっかりしています。

● Oisix(おいしっくす)とは?

① お届けにあわせて収穫|一流の生産者が作った美味しい野菜

Oisixは全国の美味しい商品をつくる一流生産者約1,000件と契約しています。「美味しい商品をお客様に届けたい」という思いでつくられた商品の味を是非お試しください。

② 忙しい方にもピッタリ|便利な商品やよく使う食材も豊富

仕事や家事、育児で忙しくても、美味しく楽しい、豊かな生活がカンタンに送れるよう、女性に寄り添った商品やサービスの改善を続けています。

③ 安心安全な食材|つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材を

からだと環境への影響を考えて、農薬だけでなく添加物・合成保存料・合成着色料などの使用も制限しています。

☆ご自分とご家族の健康を守るためトライしてみませんか ↓

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう